企業理念

おいしいね!の一言を大切に

世の中の動きにあわせた販売を見据えた生産を基本に、私たちは豊かな自然環境のもと、自然原料の有機質肥料を使い、安全でおいしいぶどう、柑橘、栗、キウイを生産・お客様と交流しながら販売しています。


社長メッセージ

石川果樹園の始まりは、昭和22年初代園主(元会長)の夏みかん栽培から始まりまし。昭和43年グレープフルーツの輸入自由化、冬の凍害など、事業にはつきものの苦難に会長石川龍英は立ち向かいながらが美味しいみかんを作るゾ”の一心で始めたのが、伊予柑を買って食べてみたら、これは美味しいと、すぐに当時人気上昇中の伊予柑へ品種の更新し時代とともに品種もお客さんの嗜好も変わり、平成14年に伊予柑からハウス完熟萩デコ、せとかへ、ぶどうは高級品種だった巨峰、ピオーネから種無し皮ごと食べれる 瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカットへ替わり。これからもお客様のおいしいねの一言を大切にしていきます。

 


会社沿革

1947年  石川龍英がスコップと鍬で山を樹園地に開墾をはじめ、夏みかんを植栽し始める。
1963年  農地改良事業により山を造成し夏みかん120アールを植栽。
1968年  グレープフルーツの輸入自由化に伴い夏みかんの価格暴落、江崎製氷会社に就職。
1970年  夏みかんを伊予柑へ高接ぎ更新。
1975年 段々の水田を後継者育成資金により造成、棚張、44a巨峰、ピオーネを植栽する。
1980年 山林を伐採し近代化資金により造成、棚張、 巨峰の大苗を移植60aを植栽する。
1981年 観光果樹園  ぶどう狩り開始
1989年 山林を伐採し近代化資金により造成、棚張、ロザリオビアンコ、リザマート、赤嶺、伊豆錦等90aを植栽する。
1995年 近代化資金によりPKハウス24a建設、初めて電気、電話が開通
1999年 有限会社石川果樹園を設立
2002年 農業改良資金により伊予柑園を造成し直し40a植栽
2005年 スーパーL資金によりみかん園にパイプハウス30a、潅水設備増設